高度先進医療の取り組みとは

高度先進医療とは、一定の水準を超えた医療のことを指し示す言葉であり、厚生労働大臣が認めたものです。
最新の技術を駆使した治療方法や技術が提供されることから、治療への期待感が大きく高まっていますが、その一方でコストが大きくかかることから賛否両論がありました。高度先進医療はその後、先進医療という名称になっています。
日本の誇る技術力は世界最高水準にあり、発展途上国はもとより、先進国からも一目置かれる存在になっています。しかし医療分野においては、安心安全が確実に確保されるなどの厳しい基準をクリアしない限り、認可されない仕組みになっています。そのため、世界の医療先進国から遅れをとっているという指摘の声もあがっています。
そのような中、高齢化社会の進行という厳しい現実に対峙していくことも必要になっています。医師や看護師などの医療従事者の人材不足が問題視されており、地方山間部における医療体制は既に崩壊しているといわれる地域もあるようです。ドクターヘリや遠隔医療の導入をはじめ、電子カルテや電子帳票といった先進的な取り組みに活路を見いだそうとしています。
特に遠隔医療に対する期待は大きくなっており、その背景にあるのは目覚ましく発展を遂げる画像処理技術の存在です。遠く離れたところでも、医師による問診はもとより、それ以上の医療の提供も可能になるとして期待の声が大きくなっています。他にも高度先進医療について参考になるサイトを見つけたので紹介しておきます。【http://koudosensiniryo-nozokimi.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です